colum コラム

2010.08.28

House with an "Inner patio"3

先日お引渡しさせていただきましたH様のお宅では、


室内の壁の塗装をお客様自らセルフビルトされました。

今回は自然塗料のフェザーフィールの選択をいただきました。

IMG_4806.JPGのサムネール画像

海外では自家塗装は珍しいことではありません。


難しいような思いもあられるかもしれませんが、

マットな仕上がりの材料は、ラフな感じがまた味になります。

家全体とはいいませんが、寝室や子供部屋だけでもチャレンジしてみませんか?

また違う家作りの楽しみがありますよ!(笑)

我が社ではプラネットウォールのほかにも、米国、ヨーロッパ、日本と、

各国の塗料から選択してもらいます。

価格や特徴など、興味のある方はお問い合わせくださいませ!

2010.08.26

westpac materials!

P8241224.JPGのサムネール画像いつもお世話になっていますインテリアの業者様さんより左官工事を依頼されました。

我が社ではほとんどが、漆喰によるコテ仕上げや櫛引仕上げ、

自然塗料によるローラー仕上げに取り組み、今では自社に職人をかかえています。

そんな仕上がりなどを見られて、いつも出入りされてる業者さんからの依頼です。

今回施工させてもらうのは、写真の品物でございます。

米国大手ドライウォール材料メーカー、Westpac Materialsの商品です。

●クラック(ひび割れ)がほとんど入らない。
●地震に対する強度が増す。震度4程度は責任施工範囲
●集合住宅などのメンテナンスが容易である。(塗装仕上げ)
●塗装仕上げなのでリフォームの際、廃材が出ない。
●自分で模様替えが容易にできる。
●部分補修が簡単にできる...(壁に穴があいたときなど)
●お子様が落書きしても...自分で補修が容易にできる!。
●防音・防炎効果が増す。
..
こんなメリットがあるらしいですよ。施工後の情報はまた今度・・・!

2010.08.24

くるみの床!

wt_img_big6.jpgのサムネール画像一昨日の日曜日にH様の梁の買い付けに神奈川の厚木まで・・汗!

『GALLUP(ギャラップ)』さんに訪問いたしました。

インポートの建築資材を扱っておられて、

特にアンティークのテイスト得意にされておられます。

現品だけでなく、雰囲気とイメージをを伝えれば、探してくれたり、

心強い業者さんでございます。

Hさまの梁は5mと長尺なんでなかなかといいものが見つかりませんでしたが、

(今のシーズン材木の売れ時期ですぐに完売になるそうです)

今度の便に良い結果をと願います。

時間もあったんで倉庫をうろちょろと・・・・・・・!

一品物のフローリングが数々展示してありました。アンティーク好きにはたまりません。

厚木まで遠い我が社のお客さんにも提案できるようGALLUPさんと検討中です。(汗)

2010.08.20

Natural House with "built-in garage"3

P8201200.JPGのサムネール画像【Natural House with "built-in garage"】も濃紺の外壁に白の窓と、

外観のイメージもつかめるようになりました。

そんな中、明日21日(土)と明後日22日(日)お客様のご好意により」
 
「構造見学会」「漆喰の塗り体験」をおこないます。

家を支える構造、壁の中の断熱材などは、完成してからでは見えなくなる部分です。

そんなところだからこそ、目にとってもらって安心につなげてもらえればと・・・!

見所はOpen House Informationにも書いてあるのでここでははぶかさせてもらいますが、

『お客様のスタイルを実現する工務店』

こだわりある方々、ライフスタイルを充実したい方々と、

そんな工務店が出会う場になればと思っております。

小さい工務店のためひつこい営業などは一切行っていませんので、

お気軽に足を運んで見てください!

2010.08.19

リノベーション開始!

P8191197.JPGのサムネール画像今日からT様のお宅のリノベーションにかかっております。

デザイン、機能性、設備、劣化修正、断熱などリノベーションの用途もいろいろですが、

今回のT様は、耐震というところにも着目されています。

我々の同業の方で、視点はとても勉強になります。

SKCincのOB様には、同業者さんの割合がとっても多いです(汗)!

同業者さんを嫌う工務店も多いようですが、

ストレートな対応を心がけている我々には大歓迎です。

昨今大きい改築は、新築との値段の差額により、少なくなってきたような気がします。

しかし、直して使うという大切な文化は決して忘れてはいけないことだと思います。

そういう気持ちも大切にお持ちのT様、さすが建築業界人です!

そんなT様からこれからいろいろ勉強させてもらいます!

2010.08.17

高気密・高断熱!

よく高気密・高断熱っていわれてますが、お客様方にはなかなか分かりにくいものです。

気密性を高めていくと、本来ある木造住宅の良さがなくなってきます。
(木を呼吸させなくして、木の呼吸性を止める)

そんなことを考えても、家の外(外張り断熱)での断熱方法は理にかなっています。

寒さに関しては、人それぞれ体感温度が違います。寒さに敏感な方の気持ちは良くわかります。

Q値などの値や、性能表示や、次世代省エネ基準などものさしがたくさん出ていて本来いいものって???

なぜ日本の住宅産業はだましあい?なのだろうか???

我が社では、高気密・高断熱までいかないウールブレスが昨今よく指示されますが、

ネオ空調工法『エアブレス』も数々建てさせてもらっています。
main01_ph_05.gifのサムネール画像

なかなかこの工法も理にかなった工法ですよ!

興味のある方は是非お問い合わせください!

2010.08.16

気持ちを改めて!

P8161166.JPGのサムネール画像富山市の営業所『slow style life』は、

昨日お盆休みを頂き、今日より営業しております。

墓参りや、懐かしい親戚や友達に会ったり、家族旅行など、

皆さんはどう過ごされましたか?

仕事っていう方も、もちろんおられると思いますが・・・・・!

お盆や、お正月って、なにか節目のような感じがして、

あけてからは、気分一新して、新たにがんばれるような気がします。

残暑も厳しそうですが、現在工期中のお宅や、新たに施工させてもらうお宅や、

今からのプレゼン提案のお宅など、個々のできることはもちろん、

チームワークを取りつつ、ベストを出していきたいものです。

そんなSKCincをこれからも宜しくお願いします!

2010.08.12

無事上棟終了!

昨日11日に、N様のお宅の建て方でした。今日の台風のせいか、めちゃくちゃ暑い日でしたね!

僕も、久しぶりに建て方の応援に、汗を流しました。

久しぶりのせいなのか、汗の半端ない量(涙)そのあとには大量の鼻水が・・・・・?

これって熱中症・・・・????毎日現場の方々には、あらためて脱帽です!
IMG_4496.JPGのサムネール画像

N様には、屋根も無事に終了して、家の大きさを実感できたと思います。

このあとは、担当大工N君を中心に、SKCスタッフはもちろん、業者さんの方々と、

完成まで(そのあとも)いろんな提案をしつつ、満足してもらえる家作りをしていきたいと思っています。

N様今後とも宜しくお願いします。そして、上棟日『おめでとうございました』!

2010.08.06

BISLEY!

P8061103.JPGのサムネール画像書類系の整頓に欠かせないお気に入りアイテム【ビズレー】のベーシックです!

ビスレー社はイギリスNo.1の生産規模を誇るスチールファニチャーメーカーです。

ヨーロッパ仕様のハ−マンミラー社製品を多くビスレー社が

製作していることもビスレーのプライドのひとつでしょう。

昨今はPC普及につれて、モダンなシリーズなど

新たなイメージにも挑戦しているようですが、僕は昔ながらのBASIC!

そしてカラーは【steel】(初期のアンティークも捨てがたいですが)

日本のオフィス家具いろいろありますが、イギリス製はどうでしょうか?

モダンなシリーズには、子供用のデスクなども出てるらしいですよ。

物も肉厚で、一生ものになると思いますよ。

僕のオフィスでは大活躍しています。      参考までに・・・・・・・・!

2010.08.04

Natural House with "built-in garage"2

P8041072.JPGのサムネール画像H様のお宅では、玄関横にガラスブロックが積みあがりました。

ガラスブロックもですが、モザイクガラスなど、

明かりを幻想的に楽しめるアイテムです。

今回は玄関サッシュの横に積んだのですが、

どんな場所でも工夫一つで、オンリーワンの空間作りに・・・・!

一品物も、アンティークのステンドグラスなど、

部屋境に入れるのも雰囲気が出ますよね!

お気に入りのアイテムをご自分で探され、家に導入されるスタイル、

もちろん我々SKCincそのアイテムをよりよく映えるような空間作りを勉強し、

お客様のお気に入りの空間作りを目指します。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください!

2010.08.03

J-modern "One-story" House'5

P8021062.JPGのサムネール画像和のテイストをふんだんに取り入れてます、D様のお宅!

大工工事もほぼ終わり、仕上げ工事に入っております。

壁材の下地として貼った、【コバウ紙】  下地用紙製クロスです。

真っ白で、このままでも、ぜんぜんいけるのですが、

今からこの上に【プラネットウォール】施工していきます。

まずは【マーブルフィール】コテ塗りタイプのドイツ本漆喰です、

大理石によるやさしい色合いと重みのあるしっかりとした質感に仕上がります。

そして【フェザーフィール】牛乳たんぱくと大理石粉からできた内壁用塗料です。

ローラーや刷毛で塗装ができる薄塗りタイプの塗り壁材で、

滑らかでフラットに仕上がります。

両者とも色の種類も豊富にありまして、

施工パターンでいろんな仕上がり具合になります。

価格パフォーマンスもなかなかのものです。(自社施工代理店により)

狙ってるわけではないんですが、脱ビニールクロスみたいになってきました(汗)!

2010.08.01

"Old & New style" House

P7301038.JPGのサムネール画像とうとう8月に突入いたしましたね(笑)!

毎日の暑さの中、I様のお宅はかわいい屋根(段ぶき)工事の工程に!

アルミサッシュも付いて着々と進んでます。

いろんなものの導入をお考えのI様。ここらへんでスローペースに変換です。

『I様じっくり後悔のないない選択を・・・!工期はじっくりありますんで・・・』

画像は今の室内の様子ですが、この白いモコモコな物は断熱材です。

【ウールブレス】といいまして、名の通り羊の毛を使っております。

見えなくなる所にも、安心の自然素材!(高価ですが・・・)

仕上げ材もドイツHolzlasur社の壁紙、塗料、漆喰!

まさしく身も心も自然素材住宅ですね。

昨今このスタイルがお客様に好評なような気がします!