colum コラム

2011.05.31

大量に・・・!

昨年からのオーク材の品不足、価格急騰(涙)!


今回ある商社さんより日本企画(寸法)じゃないフロアー材の梱包買いの話が来ました。

価格からいっても品物の期待はあまりしていなかったのですが物を見てびっくり。

昨今のおとなしい日本向けの板目ではなく、斬新な節目がまばらにある男前の品物!

すぐに購入を決定!

P5312513.JPGのサムネール画像
こちらから指定した場合の半額に近いプライス(驚)!

商社さん曰く『ここらではさばけないんです・・・』と買値より安く提示してもらいました。

木の表現って本当にたくさんあって、同じ材質でも木割等で行って帰るほど違います。

価値観と流通、世の中って不思議です・・・!

2011.05.30

wooden style's"North American house"2!

wooden style's"North American house"をコンセプトに、O様のお宅が週末完成見学会を行わせてもらいました。


O 様は外壁にアメリカ製樹脂サイディングこだわられ、サッシュも樹脂をチョイスされました。

見にこられた方の中には、ちょうど樹脂の品物を探していたらしく勉強になったのではないでしょうか?

内装には白い床に、シンプルなクロス、ホローコアの建具をベージュに塗装。

ポップなアメリカテイストの雑貨がよくお似合いになるのではないでしょうか。

最近の我が社の手がけたお家の中には無いテイストだと思います。

DSC00721.JPGのサムネール画像
同時にnaturel chic house-"soboku"のK様のお宅では構造見学会を開催させていただきました。

集成材ではなく無垢材にこだわり手刻み加工をいたしました。

自然素材の断熱材『ウールブレス』に、配管や基礎や遮熱材へのこだわり・・・。

施主様のご協力でこだわりの構造と、仕上がりの同時開催する事が出来ました。

O様、K様ご協力どうもありがとうございました。

そして見に来ていたいただいた方々にもお礼申し上げます。

2011.05.25

come home vol24 & sweet home!

現在おしゃれなナチュラルライフの応援本"come home vol24 "が発売しております。


今回も我が社のPRを掲載しております。手に取られた方は是非お探しください。

今回のcome home は別冊"sweet home"が付いてきます。

こだわりの家作りの特集となっています。

ナチュラル系もだんだんとアンティーク系の素材を使われるお家が増えてきたような・・・?

P5252508.JPGのサムネール画像
我が社の施工させてもらってる現場でも、今日はそんなアンティーク加工をしています。

パインの床材なのですが、お客様のイメージに近づけるように自然塗料を使い

塗っては、はぐり、また塗って、感性を大切にそんな手間をかけ質感を出していきます。

お客様の喜んでいただくため、知恵を絞り手間をかけます。

新興住宅街での家作り、周りの住宅屋さんとはまったくと言っていいほどの手の加え方。

そんな会社の一員で家作りをしている事に物づくりへ喜びを感じます。

まだまだがんばりまっせ↑・・・(汗)

2011.05.21

Norden Modern House 5!

IMG_8765.JPGのサムネール画像先々月お引渡しをさせもらいましたK様のお宅!

"Norden Modern House "をテーマに、内外装を施工させてもらいました。

内観のお客様のこだわりがパイン材に明るめのかわいらしい色の着色。

しかしながら建具や和室は渋めのダーク色を・・・!

頭での想像以上にマッチしました。(笑)。

で、階段は画像のように、アイアンフレームに木の踏み板を乗せました。

アイアンは一本足にこだわり、シンプルなアイアン手すりでモダンを強調。

"Norden Modern House "の名の通りの仕上がりになったと思います。

お客様の中にある個性を引き出してもらい、形にするお手伝い。

物を売るのではなく、スキルを持ったも物づくり。

スタッフや職人さんが常に素直に向上しようとする姿勢を持ち続けたいものです。

って、自分に一番言い聞かせます・・・(汗)!

2011.05.17

naturel chic house-"soboku"3!

P5172489.JPGのサムネール画像sobokuをテーマに内外装を提案させていただいてるK様のお宅!

外観は外壁がKスパンで屋根材が瓦風なものをチョイスされたため

見た目が納屋のようになることを心配になされ、

初めはシンプルなモダンな庇を提案してましたが、軒の出やあげ裏を木製にして、

庇も画像のようなものを提案させてもらいました。

昨今なかなか見なくなった木製庇ですが、木の材質や寸法、施工方法によって

いろんな表現力を持っています。

既製品が主流な今の住宅産業ですが、今も昔もオリジナルが一番です・・・?!

今週で外部周りの大工工事は終えますが、来週からは内装の方もこだわっていきます。

今月末にはK様のお宅では、こだわりの構造見学会を開催いたします。

こだわりの工事中の中身、是非見に来てください。

2011.05.13

"Old & New style" House 6

"Old & New style" House をテーマに作業させてもらったI様のお宅!


シンプルな中にこだわりのアイテムの数々・・・。

冬の引渡しのためなかなか外回りの画像を撮れなかったのですがようやくアップできました。

外構工事も任せてもらい整地やアプローチの施工も終え後は塀の工事です。

素朴な木の塀が間違いなしにシンプルな家が映えさすことでしょう・・・。

IMG_9706.JPGのサムネール画像
追伸

我々SKCincと『こだわりの家作り』をしてみませんか?

価格が高そう?などの不安材料があるかもしれませんがそんなことはないですよ、かなりがんばってます。

あなたらしい家を探し見つけ実現する楽しさ、大きい買い物だからこそこだわりたいものですね!

プラン作成見積もりなど今の期間無料で行ってます。

お気軽にお問い合わせください!

2011.05.10

Takt no.138×Norden Modern House !

P5102482.JPGのサムネール画像今日は10日。富山の情報誌Taktの販売日です。

我が社の連載させてもらってるスロースタイルライフ編集室ももう第8弾!

今回は『北欧スタイル』をテーマにNorden Modern House のK様のお宅のこだわりを。

ここらであまり見ないS型瓦の色に紺色の外壁に白の窓回りのがらり。

ドイツの漆喰に、建具や床などを自然塗料で着色して落ち着いたトーンに。

テラコッタのチョイスもですが目地の施工にも一工夫!

シンプルにこだわるからこそ一つ一つの素材にこだわる。

そして長く愛し続ける・・・。

家や家具や雑貨等と素敵に時間を過ごす考え。

北欧スタイルだけでなくどの文化にもそんなおしゃれさんが歴史を作ってこられました。

我々もそんな文化を少しでも残していければ良いのですが・・・(汗)!

2011.05.07

J-chic "my dear old" House!

ゴールデンウィークも終盤、今週末はJ-chic "my dear old" Houseで構造見学会を開催いたします。


小矢部市で開催とあって、砺波地区を中心に広告を出させていただきました。

広告が届かなかったHPをご覧の方々、晴天の中ドライブがてら見に来てください。

詳しい事はインフォメーションをご覧ください。

スタッフ一同ご来場お待ちいたしております!

P5072479.JPGのサムネール画像
J-chic "my dear old" HouseのN様のお宅は、大阪(今では日本)のナチュラル家具の巨匠

【T-furniture】さんの家具で内観を飾られます。

そんなハイセンスの家具にマッチした内装仕様を提案していきたいと思ってます。

我が社の中でも個々に大好きな【T-furniture】さんの雰囲気。

そんな中で暮らす休日は絵になるんだろうな・・・(笑)!

2011.05.03

アンティークへのこだわり!

昨今のアンティークブーム!昔に比べると雑貨や家具の相場も高くなってきてるような気がします。


最近ではリメイクをするメーカーさんもいろいろ出てきています。

そんな雑貨や家具にもいえることなんですが、本格派といかにも擬似的な品物に分かれます。

使い勝手やPL法の事を考えると擬似品になるのかもしれませんが仕上がりが残念です。

そんな残念賞にならないため我が社の施工はこだわります。

IMG_3505.JPGのサムネール画像
画像のレンガのようにアンティーク品を探してきて、古さを出す施工法で表現していきます。

そんなレンガに囲まれたアンティークな雑貨やスチール家具のこの雰囲気どうですか?

施工にはもちろん技術が大切ですが、どういう施工法にするかと選択する知識と感性も大切です。

いろんなものを見て感じ、自分の引き出しをたくさん増やしていきたいものです。

2011.05.02

naturel chic house-"soboku"2!

P5022475.JPGのサムネール画像5月に入り今年も3分の1が終わりました。

気候もだんだん過ごしやすくなってきて、日中は半袖で過ごすことも多くなってきました。

ゴールデンウィークの中ですが現場の方はがんばってもらっています。

naturel chic house-"soboku"のK様のお宅は瓦屋さんが屋根材を葺いています。

何気に画像は鋳物に見えますが、新素材のもので軽量化がされています。

昨年も数件施工させてもらいましたが、今回は初めての色・・・!

まばらなマット感が自然素材を思い起こします。

地震から逃れれないこの日本。木造住宅は屋根が軽いことにこしたことがないです。

素材自身の劣化、耐久性をかわれ『屋根は瓦がいい』をいう言葉をよく聞きます。

しかし昨今の地震の有無などを考えても屋根は軽い材質をおすすめいたします。

この屋根材は昔ながらの瓦の良さと昨今の地震対策を兼ねえた考えた品物だと思います。